スマホアプリの言語をタイ語・中国語などから英語に変更する方法

スマホアプリを起動したら英語が表示されなくて困っていませんか?

わたしは以前GrabやPassAppなどのタクシー配車アプリを起動したら英語ではなくタイ語が表示されて困っていました…

アプリ内の言語設定を探してみても見つかりません…

まぁわたし自身、タイ語も読めるので問題ないっちゃないんですけど、やはりスムーズに読めるのは英語なのでなんとか対処したいと常々思っていました。

実際に問題に対処してみると、とても簡単で1分で完了

ということで今回は備忘録も兼ねて対処法を記事として残しておきます。

アプリで英語以外の言語が表示される原因

タイ語で表示されるPassApp

英語以外の中国語やタイ語などがアプリに表示されてしまう原因は「使用する言語の優先順序」において英語が低く設定されていること

みなさん基本的にスマホでは日本語を設定されていると思います。

このときスマホでは日本語が最優先で表示されます。

ただ、日本語に対応していないアプリを利用したとき、2番目に優先される言語が表示されることに

つまり、2番目に優先される言語が中国語やタイ語に設定してある場合、英語ではなく中国語やタイ語がスマホアプリに表示されてしまうという理屈なのです。

スマホアプリの言語を英語に変える方法

設定方法はとても簡単

「設定」→「一般」→「言語と地域」と選択してください。

右上にある「編集」を選択します。

iPhoneの言語と地域

わたしのスマホではタイ語が表示されていたのですが、その原因がこちら

ご覧のように日本語の次にタイ語がきています。

これにより日本語に対応してないアプリを使うと優先順位が2番目であるタイ語が表示される事態になっていました。

iPhoneの使用する言語の優先順位

タイ語をタップし、下に移動させましょう。

2番目に英語がくるようにするといいです。

iPhoneの使用する言語の優先順位

設定が終わると、完了を選択してください。

最後にGrabなどのアプリを開いてみて英語が表示されていれば設定完了です!

まとめ

今回ご紹介した設定ではタイ語や中国語以外にも韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語などが表示されて困ってしまったケースにも対応可能です。

やはり最低でも英語で表示してくれないと読むのがしんどいですよね。

中国語やタイ語など英語以外が表示されて困っているという方は今回のやり方を参考に設定してみてください。