ビットフライヤーの口座開設方法!手順・流れをわかりやすく解説

ビットコインを買いたい。仮想通貨を取引したい。とりあえずガチホしておきたい。

って方は、まずは取引所に口座を開設しましょう。

取引所もいろいろありますが、まずはビットコイン取引量日本一の国内大手「ビットフライヤー」で口座開設をおすすめします。

とは言っても、仮想通貨はここ1年くらいで急速に広まったので何をどうすればいいのか全くわからない方も多いと思います。

私も仮想通貨に詳しい友人に教わりながら口座を開きました。

そこで今回は、初心者の方にもわかるようにわかりやすくbitFlyerの口座解説の方法を解説していきたいと思います。

ビットフライヤーの口座で仮想通貨投資をスタートさせましょー

ビットフライヤーとは?

bitFlyerに登録する前に簡単にビットフライヤーをご紹介

ビットフライヤーは現在、ビットコイン取引量日本一の国内大手の仮想通貨取引所

下記のような広告を見たことある方は多いのではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

女優の成海璃子さんをイメージキャラクターに起用し、テレビCMも放映されていますね。

取り扱い暗号通貨は以下の7種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA )
  • リスク(LISK)
といきなり言われてもわからないかもしれないので、

暗号通貨の取引所開設で迷ったらとりあえずビットフライヤーで口座を開設しましょう。

ビットフライヤー口座開設に必要なもの

では早速、bitFlyerの口座を開設していきましょう。

ビットフライヤーの口座開設に必要なものは以下のもの

  • メールアドレス
  • お金を取引する銀行口座
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポート、各種健康保険証など)
登録を始める前にこれらを用意しておきましょう。

口座解説のおおまかな流れ

ビットフライヤーでのおおまかな口座解説の流れは次のような感じです。

STEP.1
メールアドレスで口座開設
まずは無料でアカウントを作成。Facebook、Yahoo!ID、Googleアカウントでも作成可能
STEP.2
メールに届いたキーワードを入力
登録したメールアドレスにキーワードが届くのでそれを入力します
STEP.3
トレードクラスに変更
アカウントクラスを「ウォレットクラス」→「トレードクラス」に変更
STEP.4
bitFlyerからのハガキを受け取る
bitFlyerからのハガキを受け取れば完了です!

それではそれぞれ解説していきますね!

ビットフライヤーで口座開設の手順

それではビットフライヤー口座開設の手順を詳しく解説していきます。

STEP.1 メールアドレスで口座開設

bitFlyer公式サイトにアクセスし、赤枠にメールアドレスを入力→「アカウント作成」をクリックしましょう。

この時、メールアドレスの他にも、facebookやYahoo!ID、Googleのアカウントでもビットフライヤーのアカウントを開設できます。

パスワードは安全のため9桁以上必要です!

STEP.2 メールに届いたキーワードを入力

登録したメールアドレスに「キーワード」が届きます。

メールに記載されているキーワードを入力しましょう。

「アカウント作成」ボタンをクリック

全ての項目にチェックを入れ、「bitFlyerをはじめる」をクリック

すると、二段階認証の設定画面が出てきます。

二段階認証とは、アプリやSMSで確認コードを受け取る認証システムのこと

パスワードと確認コードという二段階で認証するためセキュリティをより一層強化することができます。

二段階認証は認証アプリか携帯電話のSMSを設定しましょう。

メールでの二段階認証はセキュリティ的に危険なためおすすめできません。

認証アプリを使う場合

「認証アプリを使う」を選択するとこのような画面に切り替わるので、以下の3ステップで登録しましょう。

STEP.1
認証アプリをインストール
まずは認証アプリをインストールしましょう。
STEP.2
バーコード読み取り
表示されたバーコードをアプリで読み取りましょう。
STEP.3
確認コードの入力
アプリに表示された6桁の確認コードを入力

詳しくは以下の記事を参考にどうぞ

携帯電話のSMSで受取る場合

自分の携帯電話の番号を入力し、「次へ」をクリック

登録した電話番号に確認コードが届くので入力し、「認証する」をクリック

全部にチェックを入れときましょう。「二段階認証を設定する」をクリック

これで二段階認証の設定は完了です。

STEP.3 トレードクラスに変更

今の状態ではアカウントクラスが「ウォレットクラス」になっています。

このままだと仮想通貨の取引ができないので「トレードクラス」にアップグレードしましょう。

トレードクラスにアップグレードするには、

  • ご本人情報のご登録
  • ご本人確認資料のご提出
  • お客様の取引目的等のご確認
  • 銀行口座情報の確認
の4項目を入力していく必要があります。

上記の画像にある「ご本人情報のご登録」をクリックし、登録していきましょう。

STEP.1
ご本人情報のご登録
本人情報を入力していきましょう。

電話番号はSMSを受け取れる携帯電話の番号がおすすめ

住所欄は本人確認資料(免許証や保険証)と同じ住所を登録にしましょう!

STEP.2
ご本人確認資料のご提出
運転免許証などで本人確認をしましょう。

免許証の表と裏の写真を撮ってファイルを提出します。

本人確認できる書類は以下の通り

STEP.3
お客様の取引目的等のご確認
「外国の重要な公人」「職業」「取引の目的」をそれぞれ選択
STEP.4
銀行口座情報の確認
銀行口座を登録していきましょう。

全ての項目を入力し審査を通過すればトレードクラスへのアップグレードは完了です!

これでビットコインが購入できるようになりました。

STEP.4 bitFlyerからのハガキを受け取る

後日、登録した住所にbitFlyerからハガキが届きます。

このハガキを受け取ると全ての作業は完了

仮想通貨ライフをスタートさせましょう!

ビットフライヤー口座開設後に必ず設定するべきこと

ビットフライヤーに限りませんが、仮想通貨の口座を開設したら二段階認証は必ず設定しておきましょう!

bitFlyerに不正アクセスされ仮想通貨を不正送金されたお話にも書きましたが、私は二段階認証がちゃんと設定できていなかったため不正アクセスを受け、仮想通貨を不正送金されてしまいました。

このような被害に遭わないためにも二段階認証は必ず設定しておきましょう。

メールアドレスだとメールがハッキングされたら、二段階認証の意味がないので、二段階認証はアプリかSMSで設定しておきましょう。

詳しい設定方法は下記の記事を参考にしてください。

また、登録メールアドレスにGmailを利用されている方はGmailにも二段階認証を設定しておきましょう。

そうすることでセキュリティをより強固にすることができます。

bitFlyer経由でショッピングするとビットコインがもらえる

bitFlyerには「ビットコインをもらう」というサービスがあります。

ビットフライヤー経由でこのようなサービスを利用すると、ビットコインがもらえます!

まとめ

今回はビットフライヤーの口座開設方法をご紹介させていただきました。

ご覧の通り登録から口座が使えるようになるまではすぐに出来ます。

もちろん口座開設は無料

将来使うことがあるかもしれないのでとりあえず口座は作っておいてもいいかもしれませんね。

仮想通貨の積立投資ができるZaifという取引所もあるので、まだの方は下記の記事を参考に口座を開設しましょう。

bitFlyer公式サイト

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で