【解決】「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、iPhoneをバックアップできませんでした」とiTunesに表示されたときの対処法

このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、iPhone〇〇をバックアップできませんでした

とiTunesに表示されて困っていませんか?

 

わたしは、コンピューターに十分な容量があるにも関わらず、パソコンにiPhoneをバックアップができず困った経験があります。

この記事では「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、iPhone〇〇をバックアップできませんでした」と表示され実際に解決した経験をシェアしたいと思います。

「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、iPhone〇〇をバックアップできませんでした」の対処法

このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、iPhone〇〇をバックアップできませんでした

「このコンピュータは十分な空き領域が使用できないため、〇〇をバックアップできませんでした」と表示された場合、文字通りなのですが、

「パソコンの空き容量」 < 「iPhoneやiPadの容量」

という状況ですね。

 

こういうとき、まずは

  • ゴミ箱を空にする
  • 容量の大きい不要なファイルを削除
  • 写真や動画、iTunesを外付けのHDDに移動
といった方法でパソコンの空き容量を確保するといいです。

 

こちらはアルミボディでMacのデザインともピッタリのお洒落なHDDです。

1TB、2TBといった大容量なので、Mac book内の容量の大きいデータはHDDに移動するとOK

これだけでmac本体の空き容量はかなり大きくなるはずです。

わたしのMac book AirもiTunesなどをHDDに移動させることで、SSDの使用状況が50%減りました。

 

「パソコンの空き容量」 > 「iPhoneやiPadの容量」

の状況になった段階で、もう一度バックアップにトライしてみてバックアップできたならOKですね。お疲れ様でした。

 

さて、問題は「パソコンの空き容量 > iPhoneやiPadの容量」の状況でも同じくエラーが表示される場合です。

実際、わたしはこの問題に直面…

正直、お手上げな状況だったので、結局Appleサポートに問い合わせて解決したのですが、問い合わせの前に以下を試してみてください。

  1. iTunes、iPhoneを最新の状態にアップデート
  2. Lightning – USBケーブルは純正なのかチェック
  3. iPhoneとMacの再起動をしてみる
  4. Windowsパソコンの場合、セキュリティソフトウェアのアップデート、変更、無効化、アンインストール
わたしのケースでは①〜③まで試してみることで問題が解決しました。

ここまでやってみてもエラーが表示される場合は、Appleサポートに問い合わせた方がいいです。

サポートもチャット形式なので、サクッと問題を解決できますよ。

Apple公式サイトの「iTunes バックアップが完成しない場合やバックアップから復元できない場合」も参考にしてみてくださいね。

 

外付けHDDやSDカードでMacの容量を確保すべし

今回の経験で学んだことは、やはり外付けHDDやSDカードを使って、ある程度macの容量は確保しておいた方がいいということ。

なんだかんだ使っているとMacはすぐに容量がいっぱいになってしまうので外付けHDDは必須アイテム

ただ、外付けHDDは持ち運ぶのが面倒だというデメリットもあります。

単純に持ち運びを忘れてしまうことも…

 

そんなときはSDカードを使うと持ち運びも簡単で便利ですよ。

Transcendのmacbook用SDカード

出典:Amazon

普通のSDカードだとMac Bookに装着したときに少しはみ出てしまうのですが、TranscendのSDカードだと装着しても出っ張らす見た目もキレイです。

容量も64GB,128GB,256GBと大きいので、Macbookの空き容量が不安な方にも心強い!

購入する前にお手元のMacbook AirやMacbook Proと互換性があるかしっかりとチェックしてみてくださいね。

Macbook Pro専用

 

Macbook Air専用

 

個人的にはもう5年以上Macbookを使ったのでそろそろ買い替えてもいいかな〜と思っており、これを気に512GBのMacbookにすると容量不足に悩まされることはないのかなと。

一般的なノートパソコンの寿命は5年程度と言われており、3年で買い換える人もいますからねー

ただ、やはりなかなかの値段になるので財布と相談する必要がありそうです…笑