Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー
【5日間限定のビッグセール!!】
11/27[金] 9:00 ~ 12/1[火] 23:59
セール会場と目玉商品はこちら

【ワードプレス】1分で解決!外観のカスタマイズができない原因

WordPressで外観のカスタマイズをしようとすると何度も読み込みをし、カスタマイズができないという事案が発生。

何回もダッシュボード→外観→カスタマイズをクリックしても、プレビューは真っ白→最終的に自分のサイトが表示されるという無限ループに陥りました…

全く埒があかないので原因を調べると、1分で原因がわかり解決できました(笑)

そこで今回はワードプレスのカスタマイズが表示されなかった原因と対処法を備忘録として残しておきます。

WordPressのカスタマイズが表示されない原因はプラグイン

結論から言いますと今回の原因はプラグイン「WP-Copyright-Protection」でした。

このプラグインは右クリックで記事のコピーを防止するためのもので多くのサイトで使われています。

コピー防止をしてくれるのは助かるのですが、カスタマイズまで防止するのは困りものですね(笑)

 

外観のカスタマイズができないときの対処法

対処法はとても簡単です。

まずはダッシュボード→設定→WP-Copyright-Protection を選び設定画面を開きましょう。

デフォルトだとDisable for registered users の項目にチェックが入っていません。

ここのToggleにチェックを入れましょう。

 

最後に変更を保存し完了です!

これでもう一度外観からカスタマイズを開いてみてください。

テーマのカスタマイズができるようであれば問題解決です。

ここにチェックを入れておくと、ワードプレスログイン時は自分のサイトの文章をコピペできるようになるので記事を書くときなどに便利です。

勿論他のユーザーはコピー防止機能によりコピペできません。

 

まとめ

ワードプレスのカスタマイズができない原因は「WP-Copyright-Protection」というプラグインでした。

設定からDisable for registered users の項目にチェックを入れるだけで解決です!

いちいちプラグインを停止してカスタマイズをする必要がなく、WordPressにログインしていると自分だけコピペができるようになるのでとても便利です。

ワードプレスのカスタマイズができずに困っている方は参考にしてみてください。