Appleを装ったフィッシングメールの対処法と見分け方【手口や各パターンも大公開】

つい先日、yahoo!メールを開いてみるとAppleからメールがきていました。

中身を確認してみると「私たちはあなたのApple IDアカウントを無効にしました」との記載が!

ビックリするような内容ですが、どうみても

フィッシング詐欺

この記事では

  • 今回届いたフィッシングメールの経験をシェア
  • フィッシングメールの対処法や対策
  • アップルを装ったフィッシングメールの各パターンを随時追記にて更新
といった内容をまとめていきます。

appleになりすましたフィッシングメールに引っかかった、パスワードを入力してしまった…という方も参考にしてみてくださいね。

この記事を読んで、みなさんもフィッシングメールの被害に遭わないように注意しましょう。

お急ぎの方へ

下記の各フィッシングメールのパターンをご覧ください。

件名をクリックすると詳細へ移動します。

パターン件名
1あなたのApple IDはロックされています。
2セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。
3私はあなたのApple IDアカウントを無効にしました
4ご利用のApple IDのパスワードがリセットされました
5Apple ID情報が更新されました
6お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました
7【情報の完全なオーダー】請求書の領収書
8ご利用のApple IDのパスワードがリセットされました
9お使いのApp.iPhone Store-IDがロックされます
10【警報】ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました。
11Re: [ New Account Report ] Your account has been accessed from unusual place on Wednesday, Dec 19/2018 [FWD]
12【警報】あなたのApple IDはリセットされ、一時的にロックされています。
13あなたのApple IDはロックされています。
14お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました
15【重要】ご利用の Apple IDがロックされています
16重要![Apple ID] - ログインアラート
17対処が必要です。請求先のApple IDを確認する必要があります
18請求先住所が削除されました。( Problem ID #1j6-◯◯◯◯)
19RE:[最近の活動] [プライバシーポリシーの警告]あなたのiCloudは、不明なデバイスにサインインする
20支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】
21【重要】Apple ID パスワード初期化のご連絡
22ApplelD 請求先住所が必要です ( #e59-xxxxx )
23支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】
24【警告】 支払いが失敗したため、アカウントはロックされています。
25Re:[Thank You] Your payment receipt from your purchase.#
26[確認済の注文] : Apple ID からの支払い領収書
27顧客はアカウントを確認する必要があります--Code--

この記事の目次

そもそもフィッシング詐欺とは?

フィッシング詐欺とは、クレジットカード会社や銀行・有名企業などになりすまし、偽物のメール(フィッシングメール)を送り、偽のサイト(フィッシングサイト)に誘導するなどして個人情報やお金をだましとる詐欺行為のこと。

今回のケースでは、Appleになりすましていました。

フィッシング詐欺の手口

STEP.1
フィッシングメールのリンクをクリックさせる
Appleなどからのメールを装い、言葉巧みにリンクをクリックさせるように誘導
STEP.2
フィッシングサイトに個人情報の入力
本物そっくりに偽装したホームページへ誘導後、ログインID、パスワード、クレジットカード番号などの個人情報を入力させる
STEP.3
被害の発覚!
後日、口座の残高がなくなっていたり、ログインパスワードが勝手に変更されるなどの被害に遭うことに!

最近はメールも本当に巧妙に偽装されています。

内容も動揺を誘い、冷静さを失わせるものが多いです。

被害に気づいた頃には、もう後の祭り\(^0^)/

おー怖い怖い…

 

Appleを装ったフィッシングメールがこちら

Apple(アップル)を装ったフィッシングメール

件名:私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました

親愛なる ◯◯◯,
2018年4月20日、あなたのアカウントは信頼できないデバイスにログインしていました
アカウントの活動に大きな変化が見られました. あなたの保護のため、私たちはあなたのアカウントを無効にしました.
下記の手順に従って、お支払い情報を更新してください:
1. あなたのアカウントにログインしてください。
2. アカウントのロック解除
3. MacまたはPCで請求情報を更新します。
あなたのアカウントにログインしてください
https://idmsa.appIeid.appIe/jp/idwsa.php?login=◯◯◯
iCloudチーム

どうですかこれ?

文面やURLに「apple、appleid、iCloudチーム、アメリカ合衆国」などの記載があり巧妙に作られているためAppleからのメールに見えますよね。

しかし、このメールはAppleに偽装したフィッシングメールです。(理由・見分け方は後述)

「Apple ID アカウントを無効にしました」などと言われると気が動転して冷静さを失ってしまうかもしれません。

そうなるともう相手のペース…

リンクをクリックしてIDやパスワード、個人情報を入力し、被害に遭ってしまうかもしれませんね。

 

Appleを装ったフィッシングメールの見分け方

フィッシングメールを見分けるスペシャリスト

肝心なフィッシングメールの見分け方ですが、メールをよく観察してみるとすぐに偽物であることがわかります。

メールの日本語が不自然

多くのフィッシングメールには日本人からすると不自然な日本語が使用されています。

そもそも今回のメールに記載されている「親愛なる」という言葉は、日本人は基本的に使わないワードですよね。

ここで既に違和感を覚える方もいらっしゃるはず

どう考えても英語の「Dear」を日本語に翻訳したとしか思えません。笑

日本語の文章的にも意味は伝わりますが、日本人が書いたとは思えない少し不自然な言い回しの文章だといえます。

 

宛先に個人名が記載されていない

基本的に正規の会社の多くは、お客様個人宛てのメッセージにはお客様本人の名前を記載しています。

過去にAppleから送られてきたメールを確認してみると、自分の名前が記載されていることがわかるかと。

今回のメールはメールアドレスしか記載していないのでその点では不自然ですね。

宛名がメールアドレスのみやお客様各位といった場合、フィッシングメールを疑ったほうがいいでしょう。

 

差出人のメールアドレスがAppleではなく「mytc@tsite.jp」

差出人は「From:Apple 」になっています。

しかし、差出人にカーソルを合わせてみると…

実際には「mytc@tsite.jp」というアップルとは全く関係なさそうなメールアドレスから送られていました。

これはもう決定的ですね。

どう考えてもAppleから送られてきたメールではありません。

この「mytc@tsite.jp」を調べてみると、どうやら以前にツタヤを名乗った迷惑メールにも使用されていたようです。

迷惑メールにご注意ください|TSUTAYA

 

メールのリンク先URLを確認する

リンクをクリックする前にリンクの上にマウスカーソルを合わせ、表示されるURLが正規のURLか確認しましょう。

ドメイン名に社名等が含まれていても、すぐに信用せずにしっかりと文字列を確認することが大切です。

メールに記載されているリンクに実際にマウスカーソルを合わせてみると…

フィッシングメールのリンク先URL

この赤枠のようにAppleとは全く違うURLが表示されます。

どう考えてもこのリンク先はAppleの公式サイトではありません。(※危険なのでクリックしないでね!)

本物のAppleからのメールならばURLに「apple.com」が含まれているはずなのでチェックしてみてください。

 

Appleを装ったフィッシングメールの対処法と対策

フィッシングメール、スパムメール

フィッシングメールが届いた時の対処法ですが、このようなフィッシングメールが来た時は絶対にURLをクリックしないようにしてください!

もしも、このようなメールが送られて来たらメールのリンクからではなくAppleの公式サイトから確認するようにしましょう。

メールのリンクからではなく、公式サイトからアクセスすると変なサイトに飛ばされることはまずありません。

疑わしいメールはAppleに報告

フィッシング詐欺やその他の疑わしいメッセージについて Apple に報告するにも書かれているように、怪しいメールを受信したらAppleに報告するといいです。

このページには「フィッシングメールの対処法」なども記載されているので参考にしてみてください。

疑わしいメールは他の人が被害に遭わないように通報しておきましょう!

 

フィッシングメールの対策

Apple IDに2段階認証を設定する

Apple IDに二段階認証を設定しておくことでセキュリティを高めることができます。

Apple IDには「2ファクタ認証」という機能があります。

MEMO

「2ファクタ認証」とは、自分で許可したデバイスでのみ自分のApple IDアカウントにアクセスできるようにする2段階認証システムのこと

つまり、第三者が新しいデバイスまたはブラウザでApple IDにサインインしようとすると、Apple IDのパスワードに加えて信頼済みのデバイスに表示される6桁の確認コードが必要になるのです。

パスワードだけだといつどこで漏れるかわからないので2ファクタ認証は設定しておくべきですね。

Apple ID 2ファクタ認証の設定方法!2段階認証は必須です

 

セキュリティソフトを導入する

セキュリティソフトを導入することで

  • フィッシングサイトへのアクセスを検知し、アクセスをブロック
  • 送られてくるスパムメール、フィッシングメールの添付ファイルをチェックし検知
といったことも可能です。

フィッシング詐欺以外の、ウィルスやランサムウェア、迷惑なスパム、ハッキングといった危機への対策としても有効な手段ですね。

セキュリティソフトにも色々とありますが、ESETセキュリティソフトパソコンの動作も軽いのでおすすめ

30日間の無料お試し期間がついているので、まずはお試しで導入してみるといいです。

>>30日間無料!ESETセキュリティソフト公式サイトはこちら

フィッシング対策に有効なセキュリティソフトフィッシング詐欺対策に強いおすすめセキュリティソフトとは?

 

パスワード管理アプリを使う


1Password」というパスワードを管理してくれるサービスを利用すると、登録したサイトのパスワード・ログイン情報をいちいち覚えておく必要がありません。

登録したパスワードが自動で入力されるのでスムーズにログインできます。

 

もし、フィッシングメールに記載されたリンクをクリックしてしまったとき、登録していないサイトが開かれるためスムーズにログインできなくなります。

1Passwordを使ってログインできない=登録したことのないサイト

なので、違和感を感じることができますね!(その後フィッシングサイトにログイン情報を手動で入力してしまったらアウトなのですが…)

 

パスワードを覚えるのが面倒で、同じパスワードを使いまわしているという方は要チェックですよ。

これ1つで複雑で強力なパスワードを自動生成し、セキュリティを高め、いちいちパスワードを覚える必要がないのでパスワード管理のわずらわしさ解放されます。

>>1Password公式サイトはこちら

 

もしも、アップルのフィッシングメールに個人情報を入力してしまった場合

もしも、Appleを装ったフィッシングサイトにパスワードなど個人情報を入力してしまった場合、すぐに下記のリンクからパスワードを変更するべきです。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201355

Appleの問い合わせ先

https://support.apple.com/ja-jp/contact

万が一、クレジットカード情報なども入力してしまったら、利用しているカード会社に連絡し至急カードを止めてもらう手続きをしてください。

【最新情報】Appleを装ったフィッシングメールの各パターン

最近もフィッシングメールがパターンを変えて次から次へと届きます。

ここからはフィッシングメールの最新のパターンを追記で記載して行きます。

下記のパターンに当てはまった方、そのメールはフィッシングメールなので無視しておいてくださいね。

1:あなたのApple IDはロックされています。【2018/7/1】

Appleを装ったフィッシングメール

件名:あなたのApple IDはロックされています。

お客様各位 、
あなたのApple ID、 (◯◯◯) 上に作られた 6/30/2018 5:34:48 PM AM UTC:

課金情報

お支払い情報これらの変更を行っていない場合、または許可されていない人があなたのアカウントにアクセスしたと思われる場合は、直ちにアップルIDアカウントを更新する必要があります。 その後、Apple IDのアカウントページにログインします。 https://appleid.apple.com セキュリティ設定を確認および更新します。

24時間以内にこのメッセージを確認してアカウントを確認するまで、アカウントは完全にロックされます。

Appleサポート

あなたのApple IDはロックされています。」と記載されています。

これも嘘なんで信じないように!

もしも、不安ならメールに記載のリンクではなく、Appleの公式サイトから確認しましょう。

 

2:セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。【2018/7/2】

アップルに偽装したフィッシングメール アカウントロック!

件名:セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。

お客様各位、

あなたのApple IDは、異常な場所からアクセスされているため、ロックされています。

ログインの詳細 :

日付: 2018年7月1日
ブラウザ:Safari Browser
オペレーティングシステム: iOS
国:Morocco

24時間以内にこのメッセージが確認されるまで、お客様のアカウントは保護されます。

指定した期限内にこのメッセージを確認しないと、アカウントは永久にロックされます。 確認ボタンを押して、アカウントが完全に安全になるまで提供する手順を完了してください。

検証

敬具、

Apple サポート。

これもかなり作り込まれてますよね。

モロッコから不審なアクセスがあったからApple IDをロックした→ロックを解除するために検証してくれ

てな感じですね。

「期限内に確認しないと永久にアカウントをロックするかもよ?」と脅してくる始末w

はい、これもフィッシングメールなので完全に無視しましょう!

何度も書いてますが、確認はAppleの公式サイトからしてくださいね。

 

3:私はあなたのApple IDアカウントを無効にしました【2018/7/14】

アップルを装ったフィッシングメール

件名:私たちはあなたの Apple ID アカウントを無効にしました

親愛なる (◯◯◯)

2018年7月14日、あなたのアカウントは信頼できないデバイスにログインしていました
アカウントの活動に大きな変化が見られました. あなたの保護のため、私たちはあなたのアカウントを無効にしました.
下記の手順に従って、お支払い情報を更新してください:
1. あなたのアカウントにログインしてください。
2. アカウントのロック解除
3. MacまたはiPhoneで請求情報を更新します。
あなたのアカウントにログインしてください
https://secure-appIeid.appIe/jp/idwsa.php?login=◯◯◯
iCloudチーム

本文:「あなたのアカウントは信頼できないデバイスにログインしていました

アカウントの活動に大きな変化が見られました。あなたの保護のため、私たちはあなたのアカウントを無効にしました。

と書いてあります。

まぁこれも嘘っぱちですね。

心配な方は、Appleの公式サイトから確認してみてください。

 

4:ご利用のApple IDのパスワードがリセットされました【2018/7/16】

アップルを装ったフィッシングメール

件名:ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました

お客様各位、

ご利用の Apple ID(◯◯◯)のパスワードがリセットされました。

お客様がこの変更を行っていない場合、または他人が不正にアカウントにアクセスしていると思われる場合は、 iforgot.apple.com にアクセスしてただちにパスワードを変更してください。その後、Apple IDアカウントページ(https://appleid.apple.com) にサインインして、アカウントデータを確認および更新します。

不明な点がある場合は、 Apple サポート へご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

Apple サポート

内容は似たようなもんです。

謎に六本木ヒルズの住所が記載されていますが。。。

心配な方は、Appleの公式サイトから確認しましょう。

 

5:Apple ID情報が更新されました【2018/7/26】

「Apple ID情報が更新されました」というフィッシングメール

件名:Apple ID情報が更新されました

保護のため、Apple IDは自動的にロックされます。
他のデバイスからApple IDへの不正アクセスの試みを検出します。
あなたの身元を確認してください。
Apple IDの安全性と完全性に対する懸念から、今日またはあなたのアカウントはロックされます。
問題を解決するのは、下のリンクをクリックしてください
Apple IDにログインする
私たちが24時間以上あなたの応答を受け取らなかった場合、あなたのアカウン
トはロックされます。
よろしく、
Appleサポート

日本語がどんどん変になっていってますね。

最後には、タメ口で「よろしく」の文字が。笑

心配な方は、Appleの公式サイトから確認をどうぞ

 

6:お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました【2018/9/16】

Appleを装ったフィッシングメール

件名:お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました.

お客様のApple IDが、 ウェブブラウザからiCloudへのサインインに使用されました 。

日付と時刻: 2018年9月16日 03:20 PDT
のブラウザ: Opera
オペレーティングシステム: Windows XP

最近iCloudへサインインを行ったことがなく、 他者が違法にお客様のアカウントを使用していると考えられる場合 は、Apple ID (https://appleid.apple.com) でパスワードをリセットしてください。

今すぐパスワードをリセットする

今後ともよろしくお願い致します。
Appleサポート

このメールのリンク先はアップルの公式サイトではありません。

「今すぐパスワードをリセットする」といったボタンは押さないように!

心配な方は、Appleの公式サイトから確認をしてみてください。

 

7:【情報の完全なオーダー】請求書の領収書【2018/10/14】

アップルストアを装ったフィッシングメール

件名:[情報の完全なオーダー]:請求書の領収書2018年10月14日受領

◯◯◯,
ORDER RECEIPT

親愛なるクライアント、

App Storeでお買い上げいただきありがとうございます

ここにあなたの購入の詳細:

注文アイテムと価格

Related image

6000 Diamond Mobile Legends (Bang Bang)

¥8000

この購入を承認しなかった場合は、下のリンクでご注文のキャンセルをクリックしてください

ここでキャンセルする

敬具,

Apple格納.

タイトルからして日本語が変ですね。

Apple格納とかはもう意味がわかりません…

アップルストアを装ったフィッシングメール

このように身に覚えのないアプリを購入したという領収書を装ったフィッシングメールが届きました。

お値段は8000円

真ん中に「ここでキャンセルする」とかいうボタンがあるのですが、決して押さないように注意してください。

 

8:ご利用のApple IDのパスワードがリセットされました【2018/10/17】

Appleを装ったフィッシングメール

件名:ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました

a63rayuru@yahoo.co.jp
ご利用の Apple ID(◯◯◯)に 2 ファクタ認証を設定いただきありがとうございます。
2 ファクタ認証は認証を二重化することでセキュリティを強化し、たとえパスワードが他人に漏れても、本人以外はアカウントにアクセスできないようにする認証方式です。これにより、ご利用の Apple ID のセキュリティは大幅に向上し、写真やドキュメントなど Apple に保管しているお客様のデータを守ります。2 ファクタ認証の詳細については、Apple ID の2ファクタ認証をご参照ください。
2 ファクタ認証の有効化がお客様ご本人によるものではなく、他人が不正にお客様のアカウントにアクセスしていると思われる場合は、以前のセキュリティ設定に戻すことができます。 このリンクと Apple ID セキュリティ質問の有効期限は2018年6月7日です。

Apple サポート

内容はApple IDのパスワードがリセットされたというもの

謎なメールアドレスが冒頭に記載されているし、有効期限も過去のものだしでだんだん作りが雑になってきています。笑

どうみてもフィッシングメールなので相手にしないようにしましょう。

 

9:お使いのApp.iPhone Store-IDがロックされます【2018/10/31】

お使いのApp.iPhone Store-ID がロックされます【アップルを装ったフィッシングメール】

件名:お使いのApp.iPhone Store-ID がロックされます. サービス番号:

アカウントの有効性を確認できませんでした

ファイルに関するお支払い情報。

いつも Apple-Store をご利用いただき、ありがとうございます。

私たちは、あなたのアカウント情報
の一部が誤っていることをお知 らせしたいと思います。

私たちは、あなたのアカウントを維持するためにお使いの
App store ID情報を確認する必要があります。

今すぐアカウントを確認できます

私のApp store ID

私たちは24時間以内にあなたからの応答を受信しない場合は、
ア カウントがロックされます。

内容はアップルストアのアカウントの情報に誤りがあり、アカウントの有効性を確認できなかったというもの

24時間以内に応答しない場合アカウントがロックされると書かれていますが無視して問題ありません。

心配な方は、Appleの公式サイトから確認をしてみてください。

 

10:【警報】ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました。【2018/11/22】

【警報】 ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました。

件名:【警報】 ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました。

お客様各位、

ご利用の Apple ID(◯◯◯)のパスワードがリセットされました。

お客様がこの変更を行っていない場合、または他人が不正にアカウントにアクセスしていると思われる場合は、iforgot.apple.com にアクセスしてただちにパスワードを変更してください。その後、Apple IDアカウントページ(https://appleid.apple.com) にサインインして、アカウントデータを確認および更新します。

不明な点がある場合は、Apple サポート へご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

Apple サポート

リンクにカーソルを合わせるとappleではないURLが表示されるためこちらもフィッシングメールです。

「警報」や「お客様各位」という言葉の時点で少し違和感がありますね。

こちらも心配な方は、Appleの公式サイトから確認をしてみてください。

 

11:Re: [ New Account Report ] Your account has been accessed from unusual place on Wednesday, Dec 19/2018 [FWD]【2018/12/19】

アップルを装ったフィッシングメール(英語)

件名:Re: [ New Account Report ] Your account has been accessed from unusual place on Wednesday, Dec 19/2018 [FWD]

Dear Customer,

Your account has been locked for security reason.
Information activity:
IP Address : 24.126.193.166
Date and Time : Wednesday, Dec 19/2018
Location : 285 Briarsweet Way, Fayetteville, GA-30215 (USA)

Open this PDF file for see all information.

Appleを装った英語のフィッシングメールが届きました。

内容は相変わらずアカウントがロックされたというものですが嘘っぱちで、メールの発信元もアップルのアドレスではありません。

何やらPDFが添付されてますが、絶対に開かないようにしてください!

「Open this PDF file for see information」と書かれてますが、危険な匂いがプンプンしますね笑

心配な方は、Appleの公式サイトから確認をどうぞ!

 

12:【警報】あなたのApple IDはリセットされ、一時的にロックされています。【2018/12/29】

アップルを装ったフィッシングメール :【警報】あなたのApple IDはリセットされ、一時的にロックされています。

件名:【警報】 あなたのAppleIDはリセットされ、一時的にロックされています。

ケースID : CID5466-5466870130
このメッセージは、お使いのApple IDことを通知することです (◯◯◯) セキュリティ上の理由でロックされています。
誰かが別のIPアドレスからあなたのAppleアカウントにサインインしようとしています。 あなたの身元今日たり、アカウントが原因アップルコミュニティのセキュリティと整合性のために我々が持っている懸念に無効化されます確認してください。
あなたの身元を確認する.
なぜあなたはこのメールを受け取りました。
Appleはあなただけ認識されていないデバイスへのログイン認証が必要です。 あなたはそれを確認するまで、あなたのApple IDを使用することはできません。
Appleサポート

わかりやすいフィッシングメールですね。

本文を見れば明らかに日本語がおかしいことがわかります。

アップルアカウントがロックされているというのは全くのデタラメですが、心配な方は、Appleの公式サイトからご確認ください。

 

13:あなたのApple IDはロックされています。【2018/12/30】

Appleを装ったフィッシングメール :あなたのApple IDはロックされています。

件名:あなたのApple IDはロックされています。

親愛な ◯◯◯,

あなたのApple IDには疑わしい行為があります。

ログインの詳細 :

日付: 12/30/2018 6:47:31 PM
ブラウザ: Safari
オペレーティング·システム : Windows XP
国: Honduras

24時間以内にこのメッセージを確認するまで、お客様のアカウントは保護されます。

指定した期限内にこのメッセージを確認しないと、アカウントは永久にロックされますできるだけ早くアカウントを確認してください。

確認する

Apple サポート

「Apple IDに疑わしい行為があり、指定した期間内にメッセージを確認しないとアカウントが永久にロックされます」と脅すように書かれていますが、永久にロックされませんのでご安心を。

「確認する」といったボタンも押さないようにしてください。

 

14:お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました【2019/01/26】

お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました.

件名:お客様のアップル請求情報が更新され、Apple IDで不審な旨の通知が送信されました.

お客様各位、

ご利用の Apple ID(◯◯◯)のパスワードがリセットされました。

お客様がこの変更を行っていない場合、または他人が不正にアカウントにアクセスしていると思われる場合は、iforgot.apple.com にアクセスしてただちにパスワードを変更してください。その後、Apple IDアカウントページ(https://appleid.apple.com)にサインインして、アカウントデータを確認および更新します。

不明な点がある場合は、Apple サポート へご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

Apple サポート

Apple ID パスワードがリセットされたとありますが、全くリセットはされていないのでご安心を。

記載されているリンク先もアップルの公式サイトではありません。

心配な方は、Appleの公式サイトからご確認ください。

 

15:【重要】ご利用の Apple IDがロックされています【2019/02/01】

【重要】ご利用の Apple IDがロックされています

件名:【重要】ご利用の Apple IDがロックされています

セキュリティ上の理由により、ご利用の Apple IDがロックされています。

この度、お客様のAPPLE ID登録が第三者によって不正にログインされたことがある為、セキュリティ保護の観点から緊急の措置としてご利用の Apple IDがロックされています。

AppleIDのロック解除は下記ページにでご利用下さい

http://www.apple-maintain.com/

不明な点がある場合は、Apple サポート へご連絡ください。

http://www.apple-maintain.com/

今后ともよろしくお愿いいたします。
Apple サポート

Apple ID | サポート | プライバシーポリシー
Copyright@2019 iTunes〒106-6140东京都港区六本木6丁目10番1号六本木ヒルズ All Rights Reserved.

注意深く文章を見れば明らかに日本語ではない箇所があります。

どうみてもフィッシングメールなので無視しておきましょう。

 

16:重要![Apple ID] – ログインアラート【2019/03/30】

重要![Apple ID] - ログインアラート

件名:重要![Apple ID] – ログインアラート

**********************************************************************
重要![APPLE ID] – ログインアラート

http://www.appleid-contact.com/

**********************************************************************

いつもAPPLEをご利用いただきありがとうございます。

普段お客様がご利用になられていない環境からAPPLE IDへのログインがありました。
この度、お客様のAPPLE ID会員登録が第三者によって不正にログインされた
可能性がございましたため、セキュリティ保護の観点から緊急の措置として
お客様のAPPLE ID会員登録のパスワードをリセットいたしました。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、引き続きAPPLE ID会員登録を
ご利用になる場合は、以下のページよりパスワードの再設定の
お手続きをお願いいたします。
実施していただくようお願いいたします。
■ユーザIDの確認?パスワードの再設定ページ

http://www.appleid-contact.com/

————————————-

ログイン日時 : 2019/03/30 11:20:45

IPアドレス : 126.211.37.1(日本)

————————————–

◇APPLE ID – 登録情報

http://www.appleid-contact.com/

ご不明点がある場合、および本メールの内容に心あたりがない場合は
下記ヘルプページにありますお問い合わせフォームからご連絡ください。

================================================================
ご不明な点がございましたら「APPLE IDヘルプページ」をご参照ください。

https://support.apple.com/
================================================================

Copyright (C) 2019 APPLE JAPAN Corporation. All Rights Reserved.

これもアップルを装ったフィッシングメールなので注意してくださいね。

ご不明な点がございましたら〜と巧妙に作られていますが、クリックしないように!

怪しいと感じたら、ちゃんとAppleの公式サイトからご確認ください。

 

17:対処が必要です。請求先のApple IDを確認する必要があります【2019/03/31】

対処が必要です。請求先のApple IDを確認する必要があります

件名:対処が必要です。請求先のApple IDを確認する必要があります

お客様各位 、

個人
App Store
個人
対処が必要です。
お支払い方法の問題
登録の請求は “Apple payment gateway” によって拒否されました。サービスへのアクセスを失わないようにするには、お支払い方法を更新してください。
よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) とその回答については、Appleサポート にアクセスしてください。
支払いを更新
Regard,
Leonard V. Arkzevire , Apple Support
Copyright © 2019
1600 Amphitheatre Parkway, Mountain View, CA 94043, USA

iPhoneの画像やApple care、App storeのロゴを載せて、”いかにも”というようなメールが送られてきました。

書いてある内容は意味不明なんですが…「支払いを更新」というボタンは押さないでくださいね。

心配であれば、Appleの公式サイトから確認しましょう。

 

18:請求先住所が削除されました。( Problem ID #1j6-◯◯◯◯)【2019/04/04】

請求先住所が削除されました。( Problem ID # )

件名:請求先住所が削除されました。( Problem ID #1j6-◯◯◯◯ )

XXXXX様

あなたの安全のために、私たちはあなたのアカウントとAppleコミュニティを保護するためにあなたのApple IDを一時的にロックしました。 他のデバイスや場所からブラウザ経由でiCloudにサインインするには、Apple ID(XXXXX) が使用されていました。

サインイン詳細:

IP: 189.34.208.99
ロケーション: Russian Federation
オペレーティング・システム: iOS 12

あなたのアカウントにアクセスし、あなたのアカウント情報を変更するためのあなたのパスワードを持っている人がいます請求先住所が変更されており、あなたの住所としては有効ではないようです。 私たちはあなたのアカウントを誤用や違反から守るために努力しています。

Apple ID のロックを解除するには、以前必要だった情報を提供してセキュリティ設定を更新してアカウントを確認する必要があります。 手続きを完了するには、下のリンクをクリックしてください。

すぐアカウントのロックを解除 >

Apple サポート

Apple ID | Support | Privacy Policy

© 2019 Apple Japan 本社. 〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ

「すぐアカウントロックを解除」というボタンは押さないでくださいね。

マウスのカーソルを合わせると分かりますが、リンク先はアップルの公式サイトではありませんので。

もしも不安であれば、Appleの公式サイトからご確認ください。

 

19:RE:[最近の活動] [プライバシーポリシーの警告]あなたのiCloudは、不明なデバイスにサインインする【2019/04/05】

RE:[最近の活動] [プライバシーポリシーの警告]あなたのiCloudは、不明なデバイスにサインインする

件名:RE:[最近の活動] [プライバシーポリシーの警告]あなたのiCloudは、不明なデバイスにサインインする

お客様各位、

ご利用の Apple ID のパスワードがリセットされました。

お客様がこの変更を行っていない場合、または他人が不正にアカウントにアクセス していると思われる場合は、iforgot.apple.comにアクセスしてただちにパスワードを変更してください。

その後、Apple IDアカウントページ(https://appleid.apple.com)にサインインして、アカウントデータを確認および更新します

不明な点がある場合は、Appleサポートへご連絡ください。

今後ともよろしくお願いいたします。

Apple サポート

件名からして日本語に違和感を感じますね。

これもフィッシングメールです。

もし不安であれば、Appleの公式サイトからご確認ください。

 

20:支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】【2019/04/21】

支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】

件名:支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】

お客様各位 ◯◯◯、

App Store
個人
対処が必要です。
お支払い方法の問題
登録の請求は “Apple payment gateway” によって拒否されました。サービスへのアクセスを失わないようにするには、お支払い方法を更新してください。
よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) とその回答については、Appleサポート にアクセスしてください。
支払いを更新
Regard,
Reginna C. Young , Apple サポート
Copyright © 2019
iTunes〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ‎ All Rights Reserved.

パターン17と似たようなフィッシングメールが届きました。

不安にさせるような内容が書いてありますが、フィッシングメールなので放置で問題ありません。

もし不安であれば、Appleの公式サイトからApple IDを確認してみてください。

 

21:【重要】Apple ID パスワード初期化のご連絡【2019/05/05】

【重要】Apple ID パスワード初期化のご連絡

****
件名:【重要】Apple ID – パスワード初期化のご連絡

http://www.appleid-review.com/

※Apple IDをご利用いただく際の重要な情報を記載しております
ので大切に保存いただきますようお願いいたします。
※このメールは、ご登録のメールアドレス宛に自動的に送信されています。
****

Apple IDご利用のお客様へ

いつもApple IDをご利用いただきありがとうございます。

Apple IDにご登録いただいているクレジットカードにつきまして
重要な連絡がございます。

日頃はApple IDをご利用いただき、まことにありがとうございます。
この度、お客様のApple 会員登録が第三者によって不正にログインされた
可能性がございましたため、セキュリティ保護の観点から緊急の措置として
お客様のApple会員登録のパスワードをリセットいたしました。
お手数をおかけして申し訳ございませんが、引き続きApple会員登録を
ご利用になる場合は、以下のページよりパスワードの再設定の
お手続きをお願いいたします。
なお、ご利用の端末がコンピュータウイルスに感染している可能性もございます。
最新パターンファイルを更新したアンチウイルスソフトでウイルスチェックを
実施していただくようお願いいたします。
■ユーザIDの確認?パスワードの再設定ページ

http://www.appleid-review.com/

—————–
※第三者による不正ログインなどのリスクを減らすため、以前に利用した
ことがあるパスワードのご利用はお控えください。
※ユーザIDは第三者に知られないようメールアドレス以外のものに
ご変更ください。
—————–

◇Apple IDの管理

http://www.appleid-review.com/

なお、本メールやお手続きについてご不明な点がございましたら、
以下ヘルプページをご確認ください。

今後ともApple Japanをよろしくお願いいたします。

—–
Apple カスタマーサービス

Appleを装ったフィッシングメールなので注意してください。

メールに記載されているURLのリンク先がアップルの公式サイトではありません。

もし心配であれば、Appleの公式サイトからApple IDを確認してみましょう。

 

22:ApplelD 請求先住所が必要です ( #e59-xxxxx )【2019/05/07】

ApplelD 請求先住所が必要です ( #e59-xxxxx )

件名:ApplelD 請求先住所が必要です ( #e59-xxxxx)

セキュリティ上の理由により、Apple IDがロックされています。
xxxxxxx@yahoo.co.jp様
あなたの安全のために、私たちはあなたのアカウントとAppleコミュニティを保護するためにあなたのApple IDを一時的にロックしました。 他のデバイスや場所からブラウザ経由でiCloudにサインインするには、Apple ID(xxxxxxx@yahoo.co.jp) が使用されていました。

サインインの詳細:

iPhone 5

IPアドレス: 17.203.251.189
ロケーション: JAPAN
オペレーティング·システム: iOS 12

あなたのアカウントにアクセスし、あなたのアカウント情報を変更するためのあなたのパスワードを持っている人がいます請求先住所が変更されており、あなたの住所としては有効ではないようです。 私たちはあなたのアカウントを誤用や違反から守るために努力しています。
Apple ID のロックを解除するには、以前必要だった情報を提供してセキュリティ設定を更新してアカウントを確認する必要があります。 手続きを完了するには、下のリンクをクリックしてください。
今すぐアカウントをロック解除する>

Appleサポート

Apple ID | Support | Privacy Policy

© 2019 Apple Japan 本社. 〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ

画像やロゴなどを使ってそれっぽく作られていますが、フィッシングメールです。

リンク先もアップルのサイトではありません。

無視でOKですが、もし不安ならば、Appleの公式サイトからApple IDを確認してみましょう。

 

23:支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】【2019/05/29】

支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】

件名:支払いの問題でApple IDがロックされました。【警告】
この手紙は信頼できる送信者から送信されたものです。
このメールアドレスはAppleアカウントとして登録されています。
AppleID(xxxxxxxx)のために必要なアクション。
私たちは、App Storeでお支払いの同期が失敗していることがわかりました。 サービスへのアクセスを失うことを避けるために必要な支払い方法を更新します。 このような理由から、あなたのアカウントがフォローアップまで、一時的にロックされます。
最終同期ステータス :
2日前。

よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) とその回答については、Appleサポート にアクセスしてください。
支払い同期
Copyright © 2019
iTunes〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ‎ All Rights Reserved.

App StoreやiTunesのロゴなどを使って作られていますが、フィッシングメールです。

メールのことを手紙と言ってたり日本語に違和感を感じますね。(リンク先はもちろんアップルのサイトではない)

もし不安であれば、Appleの公式サイトからApple IDを確認してみましょう。

 

24:【警告】 支払いが失敗したため、アカウントはロックされています。【2019/07/04】

【警告】 支払いが失敗したため、アカウントはロックされています。

件名:【警告】 支払いが失敗したため、アカウントはロックされています。
この手紙は信頼できる送信者から送信されたものです。
このメールアドレスはAppleアカウントとして登録されています。
AppleID(xxxxxxxx)のために必要なアクション。
私たちは、App Storeでお支払いの同期が失敗していることがわかりました。 サービスへのアクセスを失うことを避けるために必要な支払い方法を更新します。 このような理由から、あなたのアカウントがフォローアップまで、一時的にロックされます。
最終同期ステータス :
2日前。

よくお問い合わせいただく質問 (FAQ) とその回答については、Appleサポート にアクセスしてください。
支払い同期
Copyright © 2019
iTunes〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ‎ All Rights Reserved.

iTunesやアップルストアのロゴなどが使われていますが、フィッシングメールです。

「支払い同期」というボタンは押さないでください。

心配であれば、Appleの公式サイトから確認してみましょう。

 

25:Re:[Thank You] Your payment receipt from your purchase.#【2019/08/25】

Re:[Thank You] Your payment receipt from your purchase.#

件名:Re:[Thank You] Your payment receipt from your purchase.#

本文:
To cancel your purchase within 48 hours of receiving this invoice, go to Cancel and Manage Subscriptons.
Learn how to manage your password preferences for iTunes, iBooks, and App Store purchases.
Apple ID Summary | Terms of Sale | Privacy Policy
Copyright © 2018 Apple Inc.
Apple Distribution International, Hollyhill Industrial Estate, Hollyhill, Cork, Ireland.‎

今回は少し手口が変わってきました。

BIGO LIVEのアプリを購入したというインボイスが届くパターンです。

キャンセルしたければ、48時間以内にキャンセルページに行けと書かれていますが、リンク先はアップルではありませんし、贈り主もアップルではないので、無視しましょう。

 

26:[確認済の注文] : Apple ID からの支払い領収書【2019/09/16】

[確認済の注文] : Apple ID からの支払い領収書

件名:[確認済の注文] : Apple ID からの支払い領収書

本文:この購入を承認しなかった場合は、にアクセスしてください。: iTunes 支払いキャンセル

Apple ID 概要 • 販売条件 • 個人情報保護方針
Copyright © 2019 Apple Inc.
All rights reserved
1 Infinite Loop, Cupertino, CA 95014, United States

iTunesのギフトカードを購入したという領収書を装ったフィッシングメールです。

突然のメールでびっくりするかもしれませんが、iTunes 支払いキャンセルというボタンは押さないように注意していくださいね。

心配であれば、Appleの公式サイトから確認してみてください。

 

27:顧客はアカウントを確認する必要があります–Code–【2019/09/16】

顧客はアカウントを確認する必要があります--Code--

件名:顧客はアカウントを確認する必要があります–Code–

本文:あなたの安全のために、私たちはあなたのアカウントとAppleコミュニティを保護するためにあなたのApple IDを一時的にロックしました。 他のデバイスや場所からブラウザ経由でiCloudにサインインするには、Apple ID (xxxxxxxxx) が使用されていました。

サインイン詳細:
Apple 15.4″ MacBook Pro
IP: 135.242.55.218
ロケーション: 日本
オペレーティング・システム:Mac OS 10.14
Browser: Safari
Apple IDに次の変更が加えられました.
新しい請求先住所 :
郵便番号: 920-0965
都道府県: 石川県
市区町村: 金沢市
番地: 笠舞3-5-30
あなたのアカウントにアクセスし、あなたのアカウント情報を変更するためのあなたのパスワードを持っている人がいます請求先住所が変更されており、あなたの住所としては有効ではないようです。 私たちはあなたのアカウントを誤用や違反から守るために努力しています。
Apple ID のロックを解除するには、以前必要だった情報を提供してセキュリティ設定を更新してアカウントを確認する必要があります。 手続きを完了するには、下のリンクをクリックしてください。
今すぐアカウントのロックを解除 >

Apple サポート
Apple ID | サポート | 個人情報保護方針
Copyright © 2019Apple Japan 本社. 〒106-6140 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ全著作権所有

Apple IDの請求先住所変更が加えられたというフィッシングメールです。

「今すぐアカウントのロックを解除」というボタンは押さないようにしてください。

放置でOKですが心配であればAppleの公式サイトから確認してみてください。


最近はAmazonを装ったフィッシングメールも多いので注意!

Amazon(アマゾン)を装ったフィッシングメール・迷惑メール【2019最新】Amazonを装ったフィッシングメールの対処法と見分け方|各パターンを大公開!

まとめ

今回まとめたように恐らくいろんなところに偽アップルからのメールが届いていることでしょう。

そもそも、企業がメールでIDやパスワード、クレジットカードなどの個人情報を求めることは通常ありません。

もし、そのようなメールを受け取った場合は、まずは冷静になることが大切

そして、その企業のホームページから問い合わせ、企業に対し直接確認するなどの慎重な対応が必要になってきます。

大抵の場合は迷惑メールのフォルダに振り分けられているんですが、たまに受信フォルダにこういったフィッシングメールが紛れ込んでいます。

こういうフィッシングメールに引っかからないためにも対処法は頭に入れ、対策はしっかり取っておきたいですね。

「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト