タイ旅行にベストな服装とは?観光地でNGな服装からドレスコードまで解説

タイは常夏なので、基本的に夏服でOKです。

ただ、王宮などの観光地やスカイバーなど場所によってはドレスコード・適した服装があったり、季節や場所によっては冷え込むことがあります。

そこで、この記事ではタイでの服装・各観光地でのNGな服装・ドレスコードについて解説していきます。

タイの季節の特徴や気温も合わせて解説していくので、タイ旅行の参考にしてください。

タイの気候|気温と3つの季節(乾季・暑季・雨季)

タイ・バンコクのワットアルン

まずは、簡単にタイの気候についてご紹介

タイは「常夏の国」で、年間を通して30℃前後の気温があります。

季節は大きく分けて乾季・暑季・雨季の3つ

 時期気温降水量
乾季11月〜3月前半28℃前後 12月の夜〜朝は日本の秋のようで冷え込むことも雨はほとんど降らない
暑季3月後半〜5月30℃前後 1年で最も暑い時期基本晴れだが、5月から雨量が増える
雨季6月〜10月30℃前後 蒸し暑い季節雨がよく降り、土砂降りのようなスコールも。道路の冠水もしばしば

乾季(11月〜3月前半)

基本的に暑いのですが、12月の朝晩は日本の秋のように冷え込みます。

バンコクだと20℃くらいまで下がり、北部のチェンマイなどはもっと気温は下がる。

クーラーをつけず、掛け布団を羽織って寝れるくらいの気温なので、しっかりと寒さ対策はしておきましょう。

暑季(3月後半〜5月)

この時期、日中はかなり暑い。

35℃を越す日もあり、外を少し歩くだけで汗だく&日焼けというレベルの日差しの強さです。

日焼け対策は必須だと言えます。また、夜は寝苦しくクーラーがないとツライ…

4月中旬に開催されるソンクラーン(水掛け祭り)も、この時期でして、暑い中、水を浴びるとかなり気持ちいいですよ。

タイ・バンコク・シーロムのソンクラーン(ソンクラン)【2019年】タイのソンクラーン(水かけ祭り)情報&注意点まとめ|バンコクやパタヤでの日程や場所を在住者が解説

雨季(6月〜10月)

蒸し暑く、スコールがほぼ毎日あるような日々が続きます。

ザッと大雨が降って、すぐに止むといった感じで、バンコクでもいろんなところで冠水します。

強風や落雷もあり、停電にも注意が必要。雨具は必須アイテムだと言えます(現地でも購入可能)

雨が多いので、財布などは安物で十分ですよ。レザーなど革製のものが雨で濡れて台無しになったらもったいないですからね。

タイ旅行での服装について

タイ・バンコクのカオサンロード

冒頭でも述べましたが、基本は夏服でOKです。

観光でいろいろ動き回ることが多いと思うので、動きやすい服装にしましょう。(暑くて汗をかくので通気性のいいものがいい)

靴も歩きやすいものでよく、サンダルやクロックスの人も多い(※ドレスコードでは入れないスポットあり。後述)

雨季は街のいたるところでよく冠水するので、濡れて困るような靴はあまり履かないほうがいいでしょう。

防寒具もあるといい、羽織れるもの1枚

飛行機の機内は冷房が効いてて寒いことがあります。

LCC(格安航空)は毛布やブランケットが有料なので、パーカーなど羽織れるものを1枚用意しておくといいです。(女性はストールなども膝掛けになっていい)

また、BTS(バンコクの鉄道のこと)などは冷房がかなり効いており、寒いと感じることも…

雨具も用意、日傘でも紫外線対策

タイ人は雨具をもたず、雨宿りでやり過ごすことが多いですが、念のため折りたたみ傘くらいは用意しておくといいです。

必要であれば現地でも雨具は購入可能

女性の場合、日傘は紫外線対策としても有効ですね。

日焼け対策は万全に!

タイは日差しが強いので日中外に出かけると焼けます。

焼けたくない人は、長袖やアームカバー、帽子などで日焼け対策はしっかりしておきましょう。

お寺や王宮などの観光スポットでは帽子をとって参拝しなければならないことには注意

ウォータープルーフ日焼け止めおすすめ5選|あなたにぴったりの選び方!

タイの観光スポットでふさわしい服装

タイの下記のような一部の観光地には、ふさわしい服装やドレスコードがあります。

  • お寺や王宮
  • スカイバー・高級バー・格式の高いレストラン
  • ディスコ(クラブ)や高級ラウンジ

お寺や王宮など観光地での服装について

タイ・バンコクのワットポー

ワットポーやエメラルド寺院(ワットプラケオ)などタイのお寺、王宮といった場所は、節度ある服装が求められます。

男性は長ズボンにスニーカーが無難

女性はショートパンツなどは避けて、ロングスカートや長ズボンが無難

服装チェックでNGだった場合、羽織るものや、巻くものがレンタルできるようになっています。

近くにタイパンツも売ってるので、レンタルは衛生面で抵抗があるという人は記念に購入するのもアリですね。

本堂や参拝のときは帽子やサングラスも取らないといけないことや、タイのお坊さんは女性への接触が禁じられている点も頭に入れておきましょう。

注意するべきポイント
  • 肌の露出はNG、体のラインがわかるようなセクシーな服装もダメ
  • 短パンにサンダルなどはNG
  • 袖も肘くらいまであったほうがいい(タンクトップ、ノースリーブはNG)

スカイバーなどはドレスコードあり

タイ・バンコクのスカイバー「シロッコ」

レッドスカイやシエロ、シロッコ(映画ハングオーバー!!の舞台でも有名)などのスカイバーは、ドレスコードがあります。

ハーフパンツ、サンダル、スポーツユニフォーム、男性は袖なしはNGで、入り口で止められて中に入れません。

男性は長ズボンに襟付きのシャツなどが望ましい(7分丈のズボンはNG)

女性はワンピースなどが無難

高級ホテルのバーや格式の高いレストランなどでも服装には気をつけましょう。

なお、予約に関しては日本最大の海外レストラン予約サイトを使うと日本語で予約できて便利ですよ。

ディスコ(クラブ)や高級ラウンジなどの夜遊びスポット

クラブ・ディスコ

タイではいわゆる日本のクラブのことをディスコと呼ぶのですが、ドレスコードがあります。

サンダルはNG。(短パンはクラブによる)

入り口でセキュリティによる年齢確認や服装チェックがあり、サンダルだと入店を拒否されます。

年齢確認に必要なので、パスポートのコピーや写メは忘れないように!

バンコクの有名な夜遊びスポットRCAなどは近くのセブンイレブンなどで靴をレンタルしてます。

ただ、服装に似合うとは限らないので、ちゃんとオシャレをしたい人は自分の靴を履いていくようにしましょう。

タイ旅行の服装まとめ

ポイントをおさらいします。

  • 基本は夏服、動きやすい格好で!
  • 羽織れるものは1枚あったほうがいい(飛行機内などの寒さ対策)
  • 折りたたみ傘、日焼け対策も必須
  • 一部の観光スポットはドレスコードがあるので長ズボンや靴もあるといい
海やプールで遊ぶ場合は、水着も忘れないようにしましょう!(現地でも買える)

タイ旅行に必要な持ち物は下記にまとめたので、よければチェックしてみてください。

タイのお寺タイ旅行の持ち物・必需品まとめ【タイ在住者が必要なものを解説していく】飛行機【簡単】タイ行きの格安航空券を最安値で購入する方法|知らなきゃ損!タイのレンタルポケットWiFiおすすめランキング【タイ】レンタルポケットWiFiおすすめランキング!8社比較【2019年版】